通販で女性のお悩み解決!

ラシックスは高血圧の緩和のために使われる利尿剤ですが、むくみ取りで使われることも多くしかも効果が絶大です。

ラシックスの効果と使い方

ラシックスの効果と使い方

ダイエットでおなじみのラシックス

むくみ取りやダイエットなどで活用されているラシックスですが、有効成分フロセミドを主成分としたループ利尿薬です。尿細管のループ状にまがっている部分(ヘンレ係蹄上行脚髄質部)に働きかけることから分類されています。腎臓にあるループ状の尿細管で、塩分や水分が再び吸収されるのを抑制し、尿を増量させてくれます。

血液内にある無駄な水分を減らすことと、ナトリウムを減らすことで血圧降下に繋がるのです。ループ利尿薬の中でも非常に強力な利尿薬として扱われており、高血圧症や、心不全、重症なむくみに処方されています。

強力な利尿剤であるラシックス

ラシックスはフランスのサノフィ社(日本はサノフィ株式会社)が開発しており、初めて発見されたのは1962年で、日本で承認販売されたのは1965年と非常に歴史の長い医薬品です。じつはラシックスは非常に強い利尿作用のため、他の薬の成分などを排出する働きがあり、世界アンチドーピングに定められており、オリンピックなどの国際大会などで使用禁忌の薬となっています。

服用方法

ラシックスの服用方法

1日1回40~80mgを水またはぬるま湯で服用してください。服用後1時間ほどで効果を感じられ尿意を催してしまい効果が6時間ほど継続するため、時間に余裕があるときに服用しましょう。移動前などはトイレが近くにない場合があるので避けたほうがいいかもしれません。就寝前も不眠症になる恐れがあるので服用には注意が必要です。

ラシックス使用の際の注意と副作用

高齢者や糖尿病、痛憤患者などは副作用が強く出たりや症状を悪化させてしまう場合があるので使用に関しては注意が必要です。ナトリウムやカリウムが水分と一緒に排出されますので、ナトリウムやカリウムが元々少ない人も服用に注意です。効果が強く出た場合、脱水症状や血圧が急激に下がる場合があります。水分をこまめにとりましょう。重症な副作用はめったにありませんが、気になる場合は医師に相談して下さい。

また、特に注意が必要なのは、ラシックスには強力な利尿作用がある点とです。とにかく服用するとよく尿が出ます。もし移動前や仕事前、授業前などに飲んだらあとは尿意を我慢をしなければならないため集中力が大きく削がれてしまいます。しかも我慢できないくらいの尿意なので、漏らしてしまったらと考えるとおぞましいですね。そこでラシックスを飲む場合は、午前中何もないときや仕事後などがよいかもしれません。就寝前は寝てる時に尿意が出てしまっては中々寝れなくなってしまうので避けたほうがよいでしょう。

ラシックスはあくまでも高血圧症やむくみがひどい場合に処方されるお薬です、もちろんダイエットなどで使用している方も多く効果も絶大ですが使用に関しては服用方法などを必ず守りましょう。