通販で女性のお悩み解決!

クロミッドは排卵誘発剤として知られています。女性ホルモンをコントロールし、卵子の放出を増やし妊娠確率を上げます。

クロミッドの効果と使い方

クロミッドの効果と使い方

排卵を活発にさせて妊娠しやすくするお薬

不妊治療の第一歩として最初に勧められるのがクロミッドをつかった排卵誘発法です。排卵日を推測しやすく、尚且つ複数個の卵子を放出させることができるのです。排卵があまり見られない人はもちろん、排卵がある人でも時期を計って妊娠計画ができることや、通常1個しか放出されない卵子を複数個に増やすことで、妊娠の確率を上げることができるのです。

クロミッドは排卵誘発剤で、主成分であるクロミフェンが脳の視床下部に働きかけ、性腺刺激ホルモンを放出するためのホルモンの分泌を促してくれるのです。卵胞刺激ホルモンが増え、卵胞が成熟し、黄体ホルモンが増えることで排卵を促進してくれるのです。

エストロゲンという女性ホルモンが、排卵には深く関わっているのですが、エストロゲンを操作することによって不妊症を改善することができるという事になります。複数個の卵子を放出させてくれるため、クロミッドを使用することで妊娠確率は10%~30%も上がると考えられています。まさに妊娠しやすくなるお薬と言えます。しかしそれにより双子などの妊娠の確率も通常時よりは増えてくるのでその点は確認しておきましょう。

クロミッドの服用方法

クロミッドの服用方法

クロミッドは生理が開始してから3日目~5日目の間にスタートさせます。そしてそのまま5日間服用を続けましょう。多くの人が5日目からスタートさせています、これは5日目に主席卵胞というものが定められるので一番ベストとされているからです。1日1錠~3錠を5日間続ける(一般的には1日1錠)と、終了してから大体1週間~10日後に排卵が起こります。もちろん個人差があるので、排卵検査薬などを併用するとしっかりとタイミングを計ることができます。

クロミッドの副作用

クロミッドの服用で副作用は強くないことがほとんどと考えられますが、まれにホルモンのバランス変化によって体に症状が出てしまうことがあります。必ず決められた量を服用し、効果をさらに得たいがために大量に飲むなどはやめましょう。症状は様々で個人差もありますが、もし重要な副作用の場合は医師にすぐ相談しましょう。

また無いとは思いますが、妊婦が服用することは禁じられています。現在のところ胎児への影響は報告はされていませんがもしものことを考えるとやはり控えたほうが賢明です。

クロミッドの購入方法

病院へ行って治療を受けるのが一番の方法ですが、ネットで排卵誘発剤を安心して購入できるのであれば煩わしさもなく手軽に手に入れることができます。不妊治療となるとすこし踏み出すには抵抗がある方が多いので、クロミッドの購入に通販を利用している人が多いのかもしれません。