通販で女性のお悩み解決!

望まない妊娠をしてしまい、危機感を感じた場合に使用するアフターピル。使用のタイミングを間違えなければ高い確率で妊娠を防げます。

アフターピルの効果と使い方

アフターピルの効果と使い方

アフターピルを服用するタイミングとは?

アフターピルを飲む時、それは妊娠を求めていないのに避妊できなかった、もしくは避妊を失敗してしまった時です。性行為の基本はもちろん妊娠の作業ですが、人間すべてが妊娠目的で性行為をしてるわけではないのは誰もが知っている事です。では妊娠してしまうかもしれない行為だという事ももちろん日本人であれば義務教育があり必ずそこで習う事なのでこれも誰でも知っていることですよね。

しかし理解し、わかっていながらも求めていない妊娠は起きてしまうのが現状。ではこのような妊娠をしてしまった場合、どのような事が待っているでしょうか?

1.そのまま出産する
2.中絶手術を受ける

この2つしか方法はないのですが経済力もない、望まない妊娠、出産の場合中には幸せに過ごす家庭もありますが多くは問題を抱えてしまい、離婚にいたります。この時一番の被害者は望んでもないのに生まれてしまった子供となってしまいます。そして中絶手術ですが、実は日本は先進国の中でも中絶大国と言われており中絶者がとても多い国として有名となってしまっています。中絶をした場合体や精神的にも大きく負担がかかってしまうのは女性なのです。妊娠したかもしれないという可能性を限りなく無くすために、アフターピルはあるのです。

アフターピルの服用は時間が勝負

アフターピルの服用は時間が勝負

避妊できなかった後72時間以内に使用することができれば避妊の効果を得ることができます。緊急避妊薬とも呼ばれており、早ければ早いほどその効果は高く72時間で75%、24時間だと95%の確率で避妊することができます。95%という確率は非常に高いですが、毎回性行為の後に飲めばいいわけではありません。

アフターピルには女性ホルモンと同等の成分が含まれているのですが、その量が多く急激に体内のバランスを変化させるため体への負担がかなり大きいのです。通常のピルに比べて副作用も多く出てしまうため、緊急時に使用するピルという事で緊急避妊薬と呼ばれているのです。もしもの場合が来ないのが一番ですが、備えは大事で自分の体を守るためあらかじめお守りとして持ち歩くことが賢明と言えるでしょう。

その際は通販を使うケースが最もおすすめです。というのも今人気であるアフターピルにアイピルという商品があるのですが安価ながらもその効果の高さが受けて女性の間では密かに持つ方が増えているようです。医療機関であれば1回分は一万円ほどかかります。一方のアイピルは1000~2000円で購入が出来るため需要はかなり高いと言えます。

アフターピルの購入方法

アフターピルの購入方法

日本国内ではアフターピルは処方せん薬の為通販することはできませんが、海外医薬品であれば問題は全くありません。しかし海外からの輸送となるので、注文してから手元に届くまで時間がかかってしまうという事です。アフターピルは時間との勝負なので、失敗してから注文してはとても遅いのです。

そこで多くの人が利用してる方法が、先にあらかじめアフターピルを購入しておりお守りとして持つという事なのです。アフターピルは病院で処方してもらうと1錠だけでも診察代などもろもろ含め1万円~2万円ほどしてしまいます。これでは急に購入するには中々の金額です。しかし通販では1錠1000円前後で販売しているので手が出しやすいのです。コンドームを着けていても妊娠してしまうことがあるので、アフターピルは女性にとって強いお守りとなっているのですね。